英にジャパン・ハウス 世界3カ所目、運営に年10億円の税金 領土問題?歴史認識?

英にジャパン・ハウス 世界3カ所目、運営に年10億円:朝日新聞デジタルより
英にジャパン・ハウス 世界3カ所目、運営に年10億円
ロンドン=下司佳代子2018年6月21日16時01分

 日本政府が海外への情報発信拠点と位置づける「ジャパン・ハウス」が21日、ロンドンに開館した。工芸品の展示や販売などを通じて、これまでの日本観を壊し、文化やものづくりの魅力を発信していくという。

 ブラジルのサンパウロ、米ロサンゼルスに続く3カ所目。ケンジントン宮殿近くの大通りに面し、1階は展示スペースと物販、2階には日本食レストランがある。地下には、日本の自然や文化に関する本をそろえた図書室などを置いた。

 開館にあわせ、国内外で住宅から公共施設まで幅広く手がける建築家の藤本壮介さんの模型を紹介した。今後は新潟・燕三条の金工技術、紙専門商社・竹尾による紙文化の発信などを予定している。展示に関連した物販や本の紹介も行っていくという。

 ジャパン・ハウスは当初、安倍政権が重んじる領土問題や歴史認識について、日本の立場を訴える場とする予定だった。しかし、有識者の議論を経て、当面は文化などを紹介することになった。

 マイケル・フーリハン館長は「地域によって文化の異なる日本の知られざる多様性や、現代の日本を発信する、英国では例のない試みだ」と意義を強調。歴史認識については、「非常に敏感なのでバランスに注意しなければならないが、現代日本を扱うなら避けられない」と述べ、将来的には関連行事も検討するという。「違う意見を集め、客観的に考える機会は提供できると思う」と話した。

 今回の建築費は1500万ポンド(約22億円)で、年間の運営費は700万~800万ポンド(10億2千万~11億6千万円)だという。(ロンドン=下司佳代子)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク