ほぼ障害者差別事例-頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。慶大ラグビー部員たちの固い絆。

頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。慶大ラグビー部員たちの固い絆。 – 大学ラグビー – Number Web – ナンバーより
頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。
慶大ラグビー部員たちの固い絆。
posted2018/06/08 10:30

 2007年夏、慶應義塾大学ラグビー部の1年生だった杉田秀之さんは、夏合宿の練習試合で頸髄を損傷。生涯歩くことはできないと診断された。部員の非常事態に、合宿最後に予定されていた富士登山は急遽中止となった。
 それから約11年の月日が流れ、いま杉田さんは大きな目標に向かってトレーニングを積んでいる。
 あのとき中止となり実現しなかった富士登山に、2019年夏、当時の仲間と共にチャレンジをするのだ。
 2007年8月26日、長野・菅平高原でのことだった。
 杉田さんはラグビーの練習試合にプロップとして出場し、スクラムが崩れた際に第5、第6頸椎間で頸髄を損傷。ドクターヘリで下山し、長野市内で手術を受けた。

手術翌日、杉田さんが詫びた3つのこと。
 当時就任1年目だった林雅人監督は、手術翌日の杉田さんとのやりとりを鮮明に覚えている。
 林監督はこの時すでに「最高に回復して車椅子、基本的には寝たきり」という診断を伝え聞いていた。
「集中治療室に入ると、彼は真上を見ることしかできない状態でした。首が回らないので、彼に見えるように顔を出しました。そのとき彼は3つのことを言っていて」
 1つ目は、試合を途中で退場してすいませんでした。
 2つ目は、試合はどうなりましたか。
「生涯寝たきりになるかもしれない男が、試合について詫びて、試合の結果について聞いてきたんです」
 そして3つ目が、富士登山に行けなくて申し訳ありません、だった。

【次ページ】 「絶対に歩けるようになります」


整形外科医の差別告知「最高に回復して車椅子、基本的には寝たきり」
頸髄損傷者に対する整形外科医の診断の告知は決まって「最高に回復して車椅子、基本的には寝たきり」なのです。
しかし少なくとも今世紀の頸髄損傷者はよほど重篤な二次障害でもない限り昼間は基本的に車椅子で生活しています。
整形外科医は頸髄損傷の診断告知を改善すべきです。

「生涯寝たきりになるかもしれない男が、試合について詫びて、試合の結果について聞いてきたんです」
当然です。私も頸髄損傷についての専門知識を持っていないので頸髄損傷=ケガは治ると思ってました。
ですから、まず迷惑をかけただけと感じているんです。

「絶対に歩けるようになります」
はい、私もそう信じてリハビリテーションに励みましたよ。

『「絶対に歩けるようになります」
 奇跡的な変化は、約2週間後に転院した慶大病院で始まった。
 触診による感覚のテストで、医師の指の感触が分かった。感覚の復帰は上半身から始まり、時間をかけて下半身へ下りていった。』

頸髄損傷者ならこれだけ聞けば彼はたぶん歩けるようになると分かるでしょう。
受傷後の翌日からショック期に入ります。
脊髄が腫れて損傷以上に受傷部位以下がマヒします。
それで回復してくると「奇跡」と思ってしまいます。
これには整形外科医の大袈裟な診断告知から起こる弊害と言えます。

「お兄ちゃんは歩けていいね」
『確かに歩行訓練はしていたが、自分にしてみればまったく歩けていなかった。しかし車椅子の男の子にしてみれば、素晴らしいことなのだと気づかされた。
 やがて小さな使命感が芽生えた。
「僕はいろんな人に支えられてきました。今度は僕がこういう子どもたちを支える番だと、使命感のようなものを覚えたんです。未来は自分次第で切り開けるということを伝えていきたい。子どもたちの希望になれたらいいなと思いました」』

これはまずい。
その男の子は歩ける程度の損傷で済んでラッキーだったね、と言ったのかもしれません。
私はそう思います。
それを『使命感のようなものを覚えたんです。未来は自分次第で切り開けるということを伝えていきたい。子どもたちの希望になれたらいい』なんて・・・。
メシアじゃあるまいに。
障害者がアイデンティティを持つことは大切ですが障害を「乗り越える」べきもの、「信じて頑張れば奇跡が訪れる」的な布教は百害あって一利ない。

『悪い意味でも、杉田に気を遣わないんです(笑)』
『「僕らは杉田を健常者扱いするんですよ」と(杉田さんの同期で日野レッドドルフィンズの)村田(毅)は陽気に笑う。同じく慶大同期で、サントリーサンゴリアス所属の小澤直輝も「僕らは良い意味でも悪い意味でも、杉田に気を遣わないんです(笑)」』

笑い事ではない。

現在も四肢に麻痺は残り、長時間の歩行では杖が必要になる

歩けて良かったですね。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク