車いす対応のN―BOX 乗せる手順減らし、スロープも

車いす対応のN―BOX 乗せる手順減らし、スロープも:朝日新聞デジタルより
車いす対応のN―BOX 乗せる手順減らし、スロープも
2018年4月19日11時50分

 ホンダは、昨秋に売り出した新型の軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」に、車いすの乗降に対応した「スロープ仕様」を追加し、20日に売り出す。先代だと、後部座席をたたんで車いすを乗せられる状態にするには11の手順が必要だった。新型では、車いす利用者が使う手すりを脱着式から、備え付けにするなど手順を五つに減らした。価格は消費税抜きで157万5640円から。

 「N―BOX」は2017年度に国内で販売された新車で最も売れた車種。軽自動車としては9年ぶりの首位で、22万3449台が売れた。17年9月に全面改良された。誤発進抑制機能や衝突軽減ブレーキなどを盛り込んだ安全支援システムは今回の「スロープ仕様」でも標準装備した。


N-BOXと暮らそう。|N-BOX|Honda

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 障害福祉 パーマリンク