大阪・中河原遺跡 弥生土器に切り妻屋根の建物5棟の絵

大阪・中河原遺跡:弥生土器に切り妻屋根の建物5棟の絵 – 毎日新聞より
大阪・中河原遺跡
弥生土器に切り妻屋根の建物5棟の絵
毎日新聞2018年3月23日 20時38分(最終更新 3月24日 02時48分)

5棟の高床建物が描かれた土器(写真を加工し、白い線で絵を強調している)=大阪府茨木市教委提供

 大阪府茨木市教委は23日、切り妻屋根の高床建物5棟が描かれた弥生時代中期後半(約2000年前)の土器が、中河原遺跡(同市郡4)から出土したと発表した。5棟以上の建物が描かれた弥生土器は全国3例目だが、切り妻屋根の建物ばかりの土器は初めて。絵は豊作を祈る祭祀(さいし)の場を表しているとみられ、市教委は「当時の人々の精神世界を知る上で貴重な発見」としている。

 市教委が2016年11月から約1年かけて発掘し、9点の土器片を見つけた。接合後の大きさは縦21・5センチ、横25・5センチ。確認された大小5棟の建物はいずれも同じ構造で、V字形の棟飾りを持つ屋根の下に3本の長い柱が描かれていた。中央に配置された建物だけが小さく、左右に張り出した棟を支える柱や、はしごがかけられた建物もあった。

 5棟以上の建物が描かれた土器は、奈良県橿原市の中曽司(なかぞし)遺跡などで例があるが、今回は5棟のほぼ全容が分かるほど明瞭に描かれていたのが特徴。

 辰巳和弘・元同志社大教授(古代学)は「棟のそり上がりなどに誇張した表現が見られ、弥生時代の祭儀場を観念的に描いたと考えられる。実際にこの土器に稲を入れ、中央に描かれた小さい建物に納めて豊作を祈ったのではないか」と話す。

 土器は今月28日から6月25日まで、茨木市立文化財資料館で展示される。【金志尚】


豊作を感謝したのだと思う。
豊作を祈るなら水田(大地)のはず。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 パーマリンク