波型手すりは手すりが必要な人には迷惑 行きはよいよい帰りは怖い 波型手すりの問題まとめ

競技施設のユニバーサルデザインに関する提言. 第一次提言 ver.3. DPI 日本会議バリアフリー部会より

2017.03
(3)階段
① 東京都福祉のまちづくり条例の建築編の「階段」を遵守。
② ただし、手すりの上下端の水平部分は 60cm 以上とする(IPC 基準より)
③ 手すりは 2 段手すりとする。
④ 形状は連続した直線の手すりとする。


第1回東京2020オリンピック・パラリンピック
競技大会都立競技施設における
アクセシビリティ・ワークショップ議事録(PDF)
より

2016.03.24

 波型手すりと2段手すりのお話なんですけれども、市橋委員にも出ていただいているアクセシビリティ・ガイドラインの建築部会の方でも、その議論があったかと思うんですけれども、波型手すりは使わないような仕様にガイドラインもなっていますし、またアクセシビリティ・ガイドラインの方では、2段手すりの方を推奨しておりますので、手すりはそのようなガイドラインに則った形になるものというふうに考えてございます。


旅客施設の階段昇降と⼿すりの安全性について 2016.5.28 ⼿すりについて考える会(PDF)

旅客施設の階段昇降と⼿すりの安全性について
~飾りじゃないのよ、⼿すりは~

2016.5.28
⼿すりについて考える会(Facebook)

アンケート調査

(1)調査対象
階段昇降時に⼿すりを必要とし、かつ、波形⼿すりを使⽤したことがある者
(2)調査期間 (有効回答数55)
第1期 2013年4⽉18⽇〜2013年8⽉31⽇
第2期 2013年9⽉1⽇〜2014年3⽉30⽇
(3)調査⽅法について
⾃⽴⽣活センター・あるるホームページに掲載、障害者団体の機関紙への挟み込み、友⼈、知⼈への呼びかけにて協⼒者を募り、郵送、FAX、メールにより回答
 

 

⾼齢者の声

60代 ⼥性 網膜剥離
 ⽬が悪いので波型が怖く感じる。
 何度も踏み外しそうになった。
70代 ⼥性 膝間接変形症
 ⼿すりが波うっている意味が分からない!
 膝が痛いから必ず⼿すりは使うので、真っ直ぐのシンプルな⼿すりが⼀番良い。
 特に降りる時が怖い!

妊婦の声①

妊娠する前は、階段を歩く派だったが、次第に⾝重になってきて、エレベーターやエスカレーターがない時には階段を使い、⾝体を⽀えるために⼿すりを持つようになった。
上がりたいのに、踏ん張れなくて上がれない。
気のせい?と思い何段か上がったものの同じ。
引き返すこともできず、仕⽅がないので、休み休み昇り、なんとか昇り終えた。
無駄に⼒が⼊らないようになっているんだろうかと思ったが、必要な⼒も逃げてしまい困った⼿すりだった。

妊婦の声②

右⾜に義⾜を使⽤しているため、⼿すりを利⽤しないと⾝体に⼒が⼊りずらかったり、左右に揺れて少し不安定になる。
⼿すりは上からつかみ、ずっと握ったまま。
必ず⼿すりを使⽤しないと、⾝体がより不安定になり、お腹が⼤きくなっていくと⾜元が⾒えにくいことで恐怖感が増した。
波形⼿すりではつかみづらい。そのつかみづらさの為に⼿の⽅に意識がいってしまったり、⼒も⼊れにくかったりする。
⼿すりは、とっさの時にも安全を守るための⼤事なそして必要なものだと思いますので、安⼼して利⽤できるものでないと利⽤できないなと感じた。

アンケート調査では、回答者の73%が「波形⼿すりは使いにくい」という評価となり、メーカーが公表している評価結果と⼤きく異なる結果となった。

⇒この結果の相違は、メーカーが⾏った調査結果は、主に60代以上の⾼齢者が中⼼であり、障害当事者の割合が少なかったのに対して、本調査では、障害当事者で、かつ、年代が20代〜50代の⽇常的に⼿すりを利⽤する⽅々の評価が得られたことが⼤きな理由であると考える。


第32回バリアフリー推進勉強会 2016.5.28 上野研究室(PDF)より

第32回バリアフリー推進勉強会
旅客施設の階段昇降と⼿すりの安全性について
ー飾りじゃないのよ、⼿すりはー
階段を安全に利⽤するための⼿すりの重要性について
インテリア計画・⼈間⼯学の視点から
2016.5.28
上野研究室 上野 義雪

⼿すりに関わる建築基準法

建築基準法施⾏令 第25条 (階段等の⼿すり等)
階段には、⼿すりを設けなければならない。
少なくとも⽚側に⼿すりを設置し、⼿すりがない側には側壁等を設置する
建築基準法施⾏令 第126条(屋上広場等)
屋上広場⼜は⼆階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な⾼さが⼀・⼀メートル以上の⼿すり壁、さく⼜は⾦網を設けなければならない
建築基準法では階段⼿すりの⾼さを決めていない

ベターリビング墜落防⽌⼿すり

• BL墜落防⽌⼿すり 床仕上げ⾯から1100以上
• 基準はないが、階段⼿すり 85㎝程度?


波形手すりの利用評価に関する研究 福祉のまちづくり研究13巻(2011)より

6第13巻第3号福祉のまちづくり研究原著論文
抄録
最近公共施設によくみられる波形手すりの利用者アンケートと利用実態の観察により評価を行った。現在多くの設置場所で、階段の蹴上げ、踏面による断面形状と手すり形状が一致していない。観察調査の結果、昇りでは階段段鼻位置が手すり凹形状位置にある場合、降りではこれが水平形状位置中心にある場合、メーカーが意図する使用形態が実現する。手すり把持位置と階段の最適な関係は、年齢や身体機能によっても違いがある。以上より、利用者層を限定し、階段形状と手すり形状を合わせ、昇り、下り専用階段といった、限定した場面では設置位置によって有効なことがある。しかし、公共施設ではこうした制御は困難であり、今後の導入には慎重であるべきとの結論を得た。

4.考察
 既往研究5)東急東横線菊名駅で、「二段手すりと波形手すりの比較1を359人に対して行ったものでは、昇降時別に「どちらが使いやすいか」という設問に対し、(直線)二段手すりより波形手すりのほうがよいと回答した者が、昇りで83.3%、降りで77.4%と1いずれも波形手すりが大きく優位な結果となっている。これについては、栗田ら3)と一致すると評されている。危険感についても、降りるときに危険を感じたかについては、直棒型では「危険を感じた」49.3%と比較し、波形では7.8%にとどまるという結果となっている。
 メーカー公開文献6)では、西鉄大牟田線久留米駅階段歩行者850名への調査では、直捧と比べて昇りを「使いやすい」と答えた回答者82.5%、降りにおいても76,6%が肯定している。またこれらの回答者属性では’全体く60歳以上く傷病者等の順に使いやすいと答えた率が上がっている。
 「高齢者の声により適う形状であるといえる」と結論づけている。
 これらの結果と本研究結果は、高齢者群のほうが、波形手すりをやや肯定する傾向があるということ以外は大きく異なる結果となった。その理由は不明であり、第三者による追試が必要と考える。
 今回の観察調査では、昇りでは階段段鼻位置が手すり凹形状位置にある場合、降りではこれが水平形状位置中心にある場合などにおいて、メーカーが意図する使用形態がある程度実現する。とはいえ、手すり把持位置と階段との最適な関係は、年齢や身体機能によっても違いがあることが判明した。以上のことから、波形手すりを公共利用階段において利用するためには、利用者層を限定すること、階段形状と手すり形状を含わせること、そしてなおかつ、昇り、下り専用階段とするといった、限定した場面では設置位置によって有効なことがあると考察される。しかし、公共施設ではこうした制御は困難であろう.
 したがって、波形手すりは従来の直線手すりとは異なった優位性があることを内在している可能性は否定できないが、このような状況下では、今後の導入には慎重であるべきとの結論を得た。

3)栗田裕、松村雄一、棚部旭紘:階段昇降時の脚の負担に及ぼす手すり形状の影響、日本機械学会CD−ROM論文集、2002.9
4)嶋村良太:旅客施設における階段手すりの形状に関する利用者評価調査、目本福祉のまちづくり学会第11回全国大会概要集、pp.5−8、2008.8
5)九州大学大学院芸術工学研究院、クネット・ジャパン:「二段手すり」と「波形手すり」との比較検証、クネット・ジャパン、2007。2
6)クネット・ジャパン:波形手すりに関するアンケート実施調査報告書、クネット・ジャパン、2006.8


2016/04/13 大阪市が動いた――波型手すりの付け替え 東住吉区役所の波型手すりが、通常の手すりに付け替えられました! | NPO法人ちゅうぶより

2016/04/13
大阪市が動いた――波型手すりの付け替え
東住吉区役所の波型手すりが、通常の手すりに付け替えられました!


波型手すりは手すりが必要な人には迷惑 行きはよいよい帰りは怖い

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 福祉のまちづくり, 障害福祉 パーマリンク