頸髄損傷者の自律神経過反射に要注意!

頸髄損傷の若年男性に併発した自律神経過反射による高血圧性脳内出血より

『[症例報告]
頸髄損傷の若年男性に併発した自律神経過反射による高血圧性脳内出血

抄録
リハビリテーションのため入院中に自律神経過反射による脳内出血を併発した36歳男性頸髄損傷者の1症例を報告する.本患者は第6頸椎骨折による完全四肢麻痺(第6頸髄節以下で運動麻痺,第7頸髄節以下で感覚麻痺)であった.尿道カテーテルが3ヶ月間膀胱内に留置されていたため膀胱拡張能は低下していた.膀胱容量は200 ml に減少しており,膀胱充満時にはつねに頭痛を訴えていた.より円滑な尿流を得るために膀胱瘻が造設された.頭痛は一時的に治まったが程なく再発し,血圧の極端な上昇を伴って典型的な自律神経過反射の症状を呈していた.しかし,潜在的な引き金が見つからず除去できなかったことと,血圧管理ができていなかったことで,左被殻出血を併発した.手術療法が行われたにも関わらず,右上肢の筋緊張は進行的に増大し,最終的には肘屈曲拘縮を伴った凍結肩を呈するに至った.この重大な合併症をもたらした誘因は2つあげられる;第1に,膀胱瘻カテーテルのわずかな機能不全や刺激が自律神経過反射をもたらしたこと;第2に,医療スタッフが自律神経過反射に関する十分な経験と知識を持ち合わせていなかったことである.頸髄損傷患者のリハビリテーションに従事する医療スタッフにとって,自律神経過反射の引き金に関する情報を共有することと,正しい医学的管理を確実に行えるように徹底させることは極めて重要である.』

これが2013年の記事であったことに愕然とした。

参考
第11章 自律神経過反射 | Yes You Can!〔増補改訂版〕 日本せきずい基金より

自律神経過反射

自律神経過反射は、きわめて緊急な対応が必要な状況である。現在、自律神経過反射の症状が有る無しにかかわらず、この章を読み、十分な知識を得ておくとよい。

自律神経過反射は、T6レベル以上の脊髄損傷者のほとんどに見られる合併症である。生命の危険をともなうこともあり、原因や治療法を知っておくことは重要である。 症状については表11-A、自律神経過反射の発作のさい身体に何が起こっているかは図11-1を参照。

【表11-A】 自律神経過反射の症状

高血圧
目の前に「点」が見える
除 脈
損傷レベルより上の発汗
鼻づまり
厳しく強打されるような頭痛
ぼやけた視野
損傷レベルより上の鳥肌
損傷レベルより上の皮膚の潮紅

重要:コントロールできない高血圧は、自律神経過反射の危険な側面であり、脳梗塞となる危険性が高い。

* 自律神経過反射としてあなたにこれらの症状がすべて現れるわけではない。

原 因
自律神経過反射は、受傷前にすでに兆候があり、痛みあるいは不快感を生じる可能性のあったところが原因となるのが一般的である。次のような原因が考えられ、多くみられる原因の順に挙げてある。

  1. 膀胱の充満あるいは拡張(カテーテルが栓をされている、あるいはねじれていることに起因することが多い)
  2. 宿便(ひどい便秘)
  3. 感染(膀胱など)
  4. 検査や処置(膀胱鏡検査、婦人科診察)
  5. 褥瘡(床ずれ)
  6. 外傷による苦痛(ひどい切り傷または骨折)
  7. 熱い、または冷たい温度
  8. 日焼け
  9. きつい衣服
  10. 睾丸または陰茎への圧迫
  11. 厳しい月経痛、陣痛(子宮の収縮)
  12. 胃潰瘍
  13. 薬剤(強心剤のジゴキシンなど)
  14. 射精

対処について

  1. 横になっている場合は、体を起こすこと。これにより、血圧が下がる。
  2. 原因を見つけ、取り除くこと。自律神経過反射は通常、原因が取り除かれなければ症状はおさまらない。
    • まず始めに、膀胱に問題がないかについて調べること。カテーテルをつけていなければ、自己導尿を行なうとよい。カテーテルの排出口を持ち上げ、ゆっくりと膀胱を空にすること。あまりに速く膀胱を空にすると、痙性を引き起こすこともあり、ふたたび血圧を上げる原因になる。
    • 次に腸に問題がないか調べること。膀胱が高血圧の原因でない場合、便通をチェックするべきである。便が直腸の中にあれば、手で排便させる必要がある。便を排除する前に、肛門に麻酔薬を入れ、薬が作用するまでに5分間待つこと。麻酔薬により、血圧を上げる原因となる刺激を抑える。
    • 皮膚の問題を調べること。腸や膀胱が原因と考えられない場合は、服を脱いでからだの切り傷、打撲傷、または潰瘍の有無を調べること。
  3. これらの症状が消失しないか、血圧がずっと高く160以上ある場合、上記の方法は無視する。もし医師が処方した場合、損傷レベルより上の皮膚にニトログリセリン軟膏をつけるか、ヒドラジンか、ニフェジピンを服用する。その原因を見出すまでの間、これらの薬は血圧を低下させる。自律神経過反射の明らかな患者にのみこの処方がなされる。
  4. 原因が見つからない場合には助けを呼ぶこと! 最も近い病院に電話するか、行くこと。自律神経過反射は特殊な病態であるため、すべての医療従事者が対処法を心得ているとは限らない。「自律神経過反射についての医学的警告カード」を提示すること(表11-2参照)。
    これは医学的な非常事態であるので、直ちに医師に連絡をとること。

頸髄損傷者の自律神経過反射に要注意!

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: とある頸損の超文書目録インデックス パーマリンク