「がんワクチン」によって全身の腫瘍が消滅することがマウスによる実験で明らかに – GIGAZINEリンク 丸山ワクチン?

「がんワクチン」によって全身の腫瘍が消滅することがマウスによる実験で明らかに – GIGAZINEより
2018年02月02日 19時00分00秒
「がんワクチン」によって全身の腫瘍が消滅することがマウスによる実験で明らかに

多くの人を苦しませている「がん」の治療でまた新たな成果が報告されています。スタンフォード大学の研究チームは、2つの免疫系刺激物質をマウスの腫瘍に直接注入することで、その部位だけでなく全身に分散していた腫瘍までをも消滅させることができたと発表しています。

Cancer ‘vaccine’ eliminates tumors in mice | News Center | Stanford Medicine
https://med.stanford.edu/news/all-news/2018/01/cancer-vaccine-eliminates-tumors-in-mice.html

がん治療の際に用いられることが多い「抗がん剤」には副作用が多くみられるため、一定のリスクが伴うといわれています。しかし今回、スタンフォード大学の研究チームが開発した方法によると、2種類のごく少量の薬剤を腫瘍部位に直接注入することで効果的に腫瘍を小さくし、消滅させることが可能になるとのこと。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク