富士フイルム 米ゼロックスを買収 国内外で1万人削減へ

富士フイルム:米ゼロックスを買収 国内外で1万人削減へ – 毎日新聞より
富士フイルム
米ゼロックスを買収 国内外で1万人削減へ
毎日新聞2018年1月31日 20時59分(最終更新 2月1日 00時08分)

 富士フイルムホールディングス(HD)は31日、米複写機大手ゼロックスの買収に合意したと発表した。富士フイルムHDが9月までに子会社の富士ゼロックスを米ゼロックスと経営統合させ、その新会社の株式の50.1%を取得する。規模拡大で開発力や営業力を高める一方、富士ゼロックスは国内外で1万人を削減し、合理化を進める。

 富士フイルムHDの古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)が31日、東京都内で記者会見し「一体経営になることで一貫した世界戦略が可能」と買収の意義を語った。

 富士ゼロックスは富士フイルムHDが75%、ゼロックスが25%を出資。2017年3月期の売上高は約1兆800億円で、富士フイルムHDの売上高の半分弱を占める。富士ゼロックスは成長市場のアジアを中心に展開する一方、ゼロックスはペーパーレス化でコピー機の需要が減少する欧米を基盤にしてきた。富士フイルムHDは買収によってゼロックスの販売網を取り込み、合理化を進めた上で収益拡大を狙う。

 富士ゼロックスが富士フイルムHDの出資分75%の株式を約6700億円で買い取り、富士フイルムHDは受け取ったお金をそのまま新会社の出資に充てるため、買収に伴う新たな資金拠出はないという。

 富士フイルムHDは経営統合によって22年度から年間17億ドル(約1850億円)の収益改善効果を見込む。1万人の削減の過半は海外で、構造改革費用は17~19年度の3年間で合計720億円を見込んでいる。【古屋敷尚子、和田憲二】

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク