ネットで話題、ミカンの「有田むき」誕生の謎に迫る 「有田」は「ARITA]ではなく「ARIDA」だったと先週知った

ネットで話題、ミカンの「有田むき」 誕生の謎に迫る:朝日新聞デジタルより
ネットで話題、ミカンの「有田むき」 誕生の謎に迫る
金居達朗2017年12月29日13時13分

 寒い冬の楽しみと言えば、こたつでミカン。インターネット上などで最近、ミカンの産地、有田地方の「有田むき」が注目を集めている。皮ごと実を割って食べる方法で、「和歌山むき」とも言われる。なぜ、こんな食べ方を? 和歌山のミカン事情に詳しい早和果樹園(有田市宮原町東)の社長・秋竹俊伸さん(42)を訪ねた。

 「有田むき」はミカンの果頂部(かちょうぶ、ヘタのない方)から外皮ごと半分に割り、さらに半分にして、4分の1に分ける方法。皮から直接口に運べるため、手が汚れにくい。ヘタで皮がつながっているので、ゴミ捨てが楽というメリットもある。

 秋竹さんによると、地元の人は生まれた時から「有田むき」という。「東京の人のむき方を見たとき、面倒くさそうで不思議だった」。60代の女性従業員も「小さい頃から」という。

 有田むきが始まった理由について、秋竹さんは、「軍手で作業する農家が、汚れた軍手とミカンの実が直接触れないように発明されたのでは」と推測する。確かに、このむき方なら軍手の着け外しに手間取らずきれいなミカンが食べられる。味見をしながら収穫作業する農家にとってはうってつけだ。

 ただ、JA紀州やJA紀南によると、県内でも有田より南の地域では、あまり定着していないそうだ。秋竹さんは、理由について、「有田の昔ながらのミカンは『有田むき』に適した扁平(へんぺい)な品種が多かったが、他地域では扁平な品種が少なかったからかもしれない」。有田より南に位置する日高川町の農家に聞いてみても、「この辺ではあまりやる人はいない」という。

 有田地方のミカンは、水っぽさのない濃厚な味わいで、甘みと酸味のバランスが絶妙だ。秋竹さんによると、おいしいミカンを見分ける方法は四つあるという。ヘタの切り口が細いこと、外皮が薄くピシッと締まっていること、果頂部が色濃く「紅(あか)い」こと、油胞(ゆほう)という外皮の斑点がきめ細かいこと。ヘタを顔と思いがちなミカンだが、本来ヘタはお尻。秋竹さんは、「顔に『紅をさした』ミカン、有田むきでぜひ食べてみてください」と話した。(金居達朗)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク