ネット配信システム「民放希望なら開放」 無知で愚かで傲慢なNHK会長

経済界の皆さん、NHKのインターネット接続者からの受信料徴収を許すと大変なことになりますよ!
ネット配信システム「民放希望なら開放」 NHK会長:朝日新聞デジタルより
ネット配信システム「民放希望なら開放」 NHK会長
上栗崇2017年11月2日21時37分

 NHKの上田良一会長は2日に東京都内であった定例会見で、テレビ番組の試験的なネット同時配信に使っているNHKのシステムを、民放にも開放する考えを明らかにした。低コストで参入可能な仕組みを提供することで、NHKの本格的な同時配信に対する民放勢の抵抗を和らげる狙いもありそうだ。

 上田氏は「民放から求めがあれば、イエスから話し合いに入りたい」と述べた。NHKが本格的な同時配信をするには放送法の改正が必要で、法改正を話し合う総務省の有識者会議には民放も参加。NHKは、こうした状況にも一定の配慮をしているとみられる。

 NHKは10月30日から11月26日まで、事前に登録した人を対象に試験的な同時配信をしている。テレビと同じ番組をパソコンやスマートフォンで見られたり、見逃した部分を巻き戻したりできるのに加え、1週間分の番組をさかのぼって見ることもできる。(上栗崇)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: NHKは解体すべき, 気になるニュース パーマリンク