宮内庁 陵墓指定の古墳から出土の考古資料ネット公開

宮内庁:陵墓出土の考古資料ネット公開 – 毎日新聞より
宮内庁 陵墓出土の考古資料ネット公開
毎日新聞2017年11月2日 19時34分(最終更新 11月2日 19時34分)

 宮内庁は11月から、天皇陵などから出土した考古資料955点の画像をホームページで公開している。邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)の墓との説がある箸墓(はしはか)古墳(奈良県桜井市)で出土した埴輪(はにわ)の画像もある。

 公開したのは、同庁が天皇陵や皇族の墓として管理する古墳からの出土品や、全国各地の遺跡で出土し、戦前に宮内省(当時)が買い上げた銅鏡など。

 箸墓古墳は、同庁が第7代の孝霊天皇の娘の墓として管理している。ホームページ(http://shoryobu.kunaicho.go.jp/)。【高島博之】

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 パーマリンク