名古屋港 「ヒアリ」2匹が見つかる 11都府県20例目

名古屋港:「ヒアリ」2匹が見つかる 11都府県20例目 – 毎日新聞より
名古屋港
「ヒアリ」2匹が見つかる 11都府県20例目
会員限定有料記事 毎日新聞2017年10月3日 19時40分(最終更新 10月3日 19時40分)

 愛知県は3日、名古屋港鍋田ふ頭(同県弥富市)のコンテナターミナルの緑地で、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」2匹が見つかったと発表した。2匹は働きアリで、定着の可能性は低いとみられる。県によると、ヒアリが確認されたのは11都府県20例目。

 環境省や名古屋港管理組合などが9月29日、ヒアリを捕らえるわなを設置した際に周辺を調査。緑地内で生きている2匹を目視で見つけ、今月2日にヒアリと確認した。

 同組合などは発見した地点付近の殺虫作業を行った。環境省は周辺2キロ程度の調査を実施する。

 県によると、鍋田ふ頭では6月にコンテナ外壁で7匹、8月にコンテナ内で約100匹のヒアリが見つかった。(共同)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: エコロジー(生態学), 気になるニュース パーマリンク