伊丹市バス全88台がノンステップに 全国2例目 

車いすライダーが利用して乗務員さんにスロープの使い方を慣れてもらいましょう。
尼崎市に続いての隣の伊丹市。これも当事者の運動の成果と誇って良い。
みんなでバスに乗ろう!

神戸新聞|阪神・北摂|伊丹市バス全88台がノンステップに 全国2例目
神戸新聞より
伊丹市バス全88台がノンステップに 全国2例目 

 伊丹市バスの全88台が、階段のない「ノンステップバス」になった。公営バス事業者で導入率100%達成は、2009年の尼崎市に次ぐ全国2例目という。

 阪神・淡路大震災後、阪急伊丹駅前バスターミナル再建に合わせ、伊丹市内でノンステップバスを求める声が高まったという。2年後の1997年、階段が2段あるツーステップバスと入れ替える形で、県内で初めて導入。毎年3~12台の更新を続けてきた。2011年12月に3両を更新し、すべてがノンステップになった。

 後部の一部座席を除き車内に階段はなく、車いすを止めるスペースも2台分ある。道路と車底にわずかなスペースしかないため、起伏がある場所では使用しにくいが、伊丹市の平らな地勢は、ノンステップバスに向いているという。

 市交通局は「足の不自由な方やお年寄りだけでなく、小さな子どもでも乗りやすい」とPRしている。(霍見真一郎)

(2011/12/31 09:30)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 福祉のまちづくり, 近所 タグ: パーマリンク