秘書は次男、政活費で給与 都議会、黒塗り領収書を公開

秘書は次男、政活費で給与 都議会、黒塗り領収書を公開:朝日新聞デジタルより
秘書は次男、政活費で給与 都議会、黒塗り領収書を公開
2017年8月30日12時12分
 税金を誰にいくら支払ったのか分からない――。東京都議会が30日に公開した政務活動費(政活費)の人件費の領収書は、8割が支払先も金額も黒塗りされていた。なかには、妥当性に疑問符が付く使い方も浮かぶ。「全面公開して都民の理解を得るべきだ」と識者は指摘する。

都議会政活費、人件費の8割黒塗り 「誰にいくら」不明
 「秘書は次男」。23区内選出のある都議は、取材に対し、次男を雇っていることを認めた。月給は20万円台の半ばだという。その半額を政活費で賄っているが、公開された領収書は支出先、金額ともに黒塗りされていた。

 ログイン前の続き次男は音楽活動をしていたという。この都議は「芸能界で成功できるのは一握り。親として政治の道を志してみないかと誘った」と明かす。次男は現在、秘書として運転手や事務処理、ネットを使った情報収集などをして都議の活動を支えているという。

 都議会は政活費の使途について、「配偶者、被扶養者、同居者など生計を一にする者に対する支出は、慎重な対応を要する」という原則を設けている。税金の私的流用との疑念を招かないためだが、この都議は政活費を次男の給与に使うことについて「別居しており、生計を一にしていない。問題ない」と話した。

 都西部選出の別の都議も、数年前まで長男を事務所スタッフに雇い、給与の一部を政活費で払っていたことを認めた。金額については「(少なくて)恥ずかしい額」と明言を避けた。

 多くの都議は親族以外を秘書などの事務所スタッフに雇い、給与に政活費を使っている。都議会は、所属政党に関わる業務など都政に直結しない仕事もする場合は、政活費で賄える割合を「2分の1」などと定めている。ただ、都議会の自民党や民進党の会派によると、給与額は都議がそれぞれ決めているという。

 ある都議は「知人の知人の紹介」という女性秘書を月給約20万円で雇い、その半額を政活費から出している。秘書の勤務は、1日7時間半で週5日。給与額は「自腹分の半額を負担できる額に決めた」という。

 こうした人件費の具体的な使途が、公開された都議会の領収書からは一切見えない。今年引退した元ベテラン都議は「政活費の支出先として疑義のある例もある」と指摘する。「地元の支援者を回るスケジュール管理など、都議の選挙対策ばかりする秘書もいる。そういうケースにまで公金を充てていいのかは疑問だ」

■交付総額は9億180万円

 東京都議会が30日に公開した2016年度の政務活動費(政活費)の収支報告によると、交付総額9億180万円に対し、実際に都議の活動に使われたのは8億2874万円で、余った7306万円が都に返還された。使われた金額の割合は91・9%で前年度より3・3ポイント低く、09年度分の領収書から全面公開を始めて以降、最低だった。

 16年度の政活費は都議1人あたり月60万円が交付され、余った分は返す仕組み。使った額の割合を主要会派別にみると、公明党が78・6%で最も低く、次いで自民党92・8%、共産党96・2%。民進党系会派は全額を使い切っていた。

 支出項目別では、地域団体との懇親会費などに充てる「会費」が約1210万円(前年度比53%減)、事務所の家賃などの「事務所費」が約5937万円(同18%減)になるなど減少が目立った。

 政活費を巡っては近年、各地で架空請求などが相次ぎ、使途に厳しい目が向けられている。都議会は改革を進めるためとして、16年度まで全国最高だった議員1人あたり月60万円の交付額を17年度から月50万円に減額している。

     ◇

 《早稲田大マニフェスト研究所顧問で、地方議会の情報公開を検証してきた北川正恭・元三重県知事の話》 多くの職員が支える知事と政策競争をするには、議員にもスタッフが必要だ。ただ、その給与などの原資となる政務活動費は公金であり、支出先も支出額も全面開示して、スタッフらの仕事内容も説明し、都民の理解を得る必要がある。都議会は「政活費がでたらめに使われている」という世間の強い不信感を認識すべきだ。

     ◇

 〈政務活動費の人件費〉 都議会の政活費は、政策立案のための調査など、議員の政務を支える秘書らの給与や通勤手当、社会保険料などに使うことができる。都議会は政活費で賄える割合について、秘書らが政務活動に専従する場合は全額、それ以外の議員の選挙や後援会活動にも関わる場合は2分の1と規定。勤務時間のうち政務活動に使った時間を証明できる場合は、時間に応じた割合を政活費で負担することもできる。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク