自民党橋本健神戸市議が政活費700万円架空発注

神戸新聞NEXT|社会|橋本神戸市議が政活費700万円架空発注否定より
2017/8/23 21:00神戸新聞NEXT
橋本神戸市議が政活費700万円架空発注否定

 神戸市会の橋本健市議(37)=自民党市議団=が2010~14年度、主に神戸市中央区で自動車販売業を営む男性に、市政報告の印刷費として、政務活動費から計約700万円を支出していたことが23日、分かった。これを「架空発注疑惑」とした週刊誌報道を受けて橋本市議は同日、神戸市役所で会見し、「男性にはデザインを依頼し、印刷は別の業者にさせていた」として架空発注を否定した。

 橋本市議によると、10~14年度に計8回、経済団体を通じて知り合った男性に市政報告5~8万部程度の印刷を依頼。「男性にデザインをさせた市政報告の原稿を宍粟市にある業者に自ら持ち込み、代金も支払っていた」と説明したが、領収書は男性に一括で支払った形にしていた。

 橋本市議は市政報告の現物を示して架空発注を否定した上で「発注の手続きに問題があった。知っている業者を二つとも使いたかったからだが、思慮が浅かった」と釈明した。15年7月に市会会派「自民党神戸」(解散)による政活費流用が発覚して以降、男性への発注はしておらず、その理由については「政活費支出のルールが変わり、法人格を持つ業者に発注することになった」と説明した。

 橋本市議は今年7月、今井絵理子参院議員(33)との対談を掲載した市政報告を政活費で製作し、昨夏の参院選公示前日に配布していたことが判明。自民党市議団は「税金で選挙応援したとの誤解を招く」として印刷費など約30万円を市に返還した。(森本尚樹)

神戸新聞NEXT|社会|橋本神戸市議の架空発注疑惑 業者が印刷発注否定より
時計2017/8/24 19:59神戸新聞NEXT
橋本神戸市議の架空発注疑惑 業者が印刷発注否定
 神戸市会の橋本健市議(37)=自民党市議団=が自動車販売業の男性に市政ビラを発注したとされる問題で、この男性が代理人を通じて24日、「橋本市議から請求書と領収書だけを発行してほしいと頼まれた」とし、ビラの印刷発注が実体を伴ったものではなかったことを明らかにした。

 代理人によると、実際には印刷の仕事には関与しておらず、なぜ請求書などが必要なのかという説明はなかったという。

 橋本市議は今年7月、今井絵理子参院議員(33)との対談を掲載した市政報告を政活費で製作し、昨夏の参院選公示前日に配布していたことが判明。自民党市議団は「税金で選挙応援したとの誤解を招く」として印刷費など約30万円を市に返還した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク