山間部の大洪水は人工針葉樹林の針葉樹崩れによって起こる仮説

山間部の大洪水は人工針葉樹林の針葉樹崩れによって起こる仮説

1.山の斜面の人口針葉樹林に強風を伴う大雨が降る
2.高い位置の針葉樹が風を受けて揺り動かされて根元が根ごと揺り動かされる
3.根元に雨水が浸入していく
4.針葉樹が根ごと山肌から剥がされて低い隣の針葉樹にもたれ掛かる
5.もたれ掛かられた針葉樹が重さと風で揺り動かされて根元が根ごと揺り動かされる
6.3~5が連鎖的に起こり谷まで針葉樹が雪崩のように崩れて滑っていく
7.谷間で針葉樹がダムを造る
8.ダムが決壊して大量の針葉樹が土砂とともに下流に押し寄せる

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 パーマリンク