弥生中期の木製品削る「やりがんな」出土 JR小松駅前

弥生中期の木製品削る「やりがんな」出土 JR小松駅前:朝日新聞デジタルより
弥生中期の木製品削る「やりがんな」出土 JR小松駅前
井上秀樹2017年7月27日17時00分

 石川県小松市の八日市地方(ようかいちじかた)遺跡から、弥生時代中期前半(約2300年前)のものとみられる柄付き鉄製やりがんなが出土した。県埋蔵文化財センターが27日発表した。「やりがんな」は槍(やり)の形をしたかんなで、木製品をつくる際に木の表面などを削る工具。木製の柄が完全に残る鉄製のものとしては国内最古という。

 センターは、日本で鉄器生産が始まる前の渡来品とみており、「鉄器が列島へ普及する過程を考える上で貴重な資料」としている。出土したやりがんなは全長16・3センチ。柄の長さは13・9センチ、一部が柄の中にはさみこまれた鉄の部分は長さ5・1センチ。バットのグリップのような柄の末端の太さは3・5センチ。柄の下方には斜めの格子文様が彫られている。木器を削るのに使われた当時の状態のまま出土したとみられるという。

 愛媛大学の村上恭通(やすゆき)教授(東アジア考古学)は「いまの北朝鮮から中国遼寧省あたりで作られた可能性がある。保存状態が良く、びっくりするほど刃が薄い。大工道具で最も重要なやりがんなの最古級が完全な形で出てきて、動かし方もわかる」と話す。(井上秀樹)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 パーマリンク