辺野古差し止め、沖縄県が提訴 工事中断求める仮処分も

辺野古差し止め、沖縄県が提訴 工事中断求める仮処分も – 沖縄:朝日新聞デジタルより
辺野古差し止め、沖縄県が提訴 工事中断求める仮処分も
山下龍一2017年7月24日14時51分

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、翁長雄志(おながたけし)知事は24日、工事の差し止めを求め、那覇地裁に提訴した。裁判が決着するまで工事の中断を求める仮処分も合わせて申し立てた。昨年12月の最高裁判決以来、政府との法廷闘争が再び始まる。

 政府は4月下旬、辺野古埋め立ての第1段階となる護岸工事を始めたが、県は、政府は漁業権が設定された海域での工事に必要な岩礁破砕の許可を知事から得ていないと指摘。このまま工事を進めれば、無許可で岩礁が破砕されるのは確実で、違法な工事だと主張している。

 一方、政府は、地元漁協が現場海域の漁業権を放棄したため、岩礁破砕許可は不要との立場。裁判でも同様に反論し、県の訴えを退けるよう求めるとみられる。

 地方自治法は、自治体が裁判を起こすためには議会の議決が必要と定めている。県議会は今月14日に、県が提案した、提訴に必要な議案を賛成多数で可決していた。(山下龍一

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 日本は米国の植民地, 気になるニュース タグ: パーマリンク