大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 2020年夏グランドオープン

大阪国際空港(伊丹空港)ターミナルビルが2020年夏に向けて順次改修されます。

ニュースリリース|関西エアポートより

大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト概要と現状
大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 概要と現状 20170707(PDF)

 

 

 

 

 

▶大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト概要と現状

はじめに
関西エアポートは、お客様に「新しい旅の体験」をご提供するという決意のもと、
新しい旅と空港体験を創造していきたいと考えています。
親しみやすい個性・距離感
ITAMI PREMIUM KANSAI
空港での滞在を、もっと快適に。もっとわくわく感を。
飛行機に乗る方だけでなく、地域の方に日常的にご利用いただける空港に。
もっと関西らしさ、ITAMIらしさを。
そんな思いを込めて、
リニューアル後のITAMIでは、皆さまにITAMIならではの、
“5感で感じるプレミアム体験”をご提供していきます。

スケジュール

▶2016年 2月 工事スタート
▶2017年 秋 外壁改修
▶2018年 春 中央エリアオープン
▶2020年 夏 グランドオープン(春 概成)
※資料内のパース図はすべてイメージ画像です。

2018年 春 中央エリアオープン
2020年 夏 グランドオープン(春 概成)

中央エリア
★外壁パネル設置(2017年秋)・商業エリア改修・到着口の中央集約

南ターミナル(ANA側)
ムービングウォーク大幅増設・スマートレーン設置・ウォークスルー型商業エリアオープン
小型機フィンガー新設

北ターミナル(JAL側)
スマートレーン設置・ウォークスルー型商業エリアオープン
★北立体駐車場新築(2019年春)

▶2017年 秋 外壁改修

環境に配慮したターミナルビル 新規発表 2017年 秋
・外壁を改良
  環境性能の高いパネル、ガラス、そして光を通す透過性を持つデザインアルミパネルを使用
・パネルやガラスをランダムに配置し、デザイン性のある外壁に
・省エネ効率
  省エネ対策を施すエリアを対象として、外壁の改良、屋根や床の断熱性強化を行うことにより、
  約58%の省エネ効果(冷房費・暖房費の削減)が見込まれる

▶2018年 春 中央エリアオープン

到着口を集約し、より快適に・スムーズなアクセスを可能に 2018年 春
・到着口集約
  1階南北に2分されている到着口を2階中央に集約。出迎えの方にもわかりやすく利便性が向上
・スムーズなアクセス
  バス、タクシー、モノレール等各種アクセスとの接続もスムーズに
2階
出発口・到着口→ペデストリアンデッキ→モノレール駅(2階)
1階
バス、タクシー乗り場

商業エリアの全面改装 2018年 春 一般エリア先行オープン
・レストランゾーン(1階~4階)
  2階:クイック&リーズナブルに大阪、関西の味を楽しんでいただく
  3階:落ち着いた雰囲気のなかで味わい、ゆっくりと楽しんでいただく
・物販店ゾーン(1階、2階、4階)
  お土産店以外に、地域の方にもご利用いただけるようなバラエティに富んだ店舗

北立体駐車場の建て替え  新規発表 2019年 春
・老朽化した2階建て北立体駐車場を隣接地に4階建て駐車場として建て替え
・現北立体駐車場は、平面駐車場化
・満車・空車表示、案内サインの改善によるサービスの向上、駐車台数増加

▶2020年 夏 グランドオープン(春 概成)

ウォークスルー型商業施設設置  2020年 春 ゲートエリア
・ウォークスルー型の商業施設を展開
・ゲートエリアの商業施設面積は従来比4.5倍に
・出発までの時間に、快適にお食事・お買い物を楽しんでいただく

ムービングウォークの大幅増設  2020年 春
・コンコース内にムービングウォークを設置し、スムーズな移動を可能に
  2基から14基へ大幅増設

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 近所 パーマリンク