六ケ所再処理工場、建設費2.9兆円に 当初想定の4倍 稼働予定は未定のまま

六ケ所再処理工場、建設費2.9兆円に 当初想定の4倍:朝日新聞デジタルより
六ケ所再処理工場、建設費2.9兆円に 当初想定の4倍
姫野直行、石塚広志、東山正宜2017年7月4日07時55分

 原発の使用済み燃料を再処理する日本原燃の「六ケ所再処理工場」(青森県)の建設費が、新規制基準への対応で約7500億円増えて約2兆9千億円になることが3日、分かった。当初の見込みの4倍近くに膨らむ。維持管理費も増え、完成後40年間の総事業費は1・3兆円増の13・9兆円に上る。こうした費用は電力各社から集められる。結果的に、電気料金として利用者が負担することになる。

 再処理を委託する認可法人「使用済燃料再処理機構」や原燃によると、東京電力福島第一原発の事故後に導入された新基準に適合するための安全対策として、重大事故時に指揮所となる緊急時対策所や冷却水をためる貯水槽の新設などに約7500億円かかる。

 六ケ所再処理工場は1989年に事業を申請した当初は97年に完成する予定で、建設費は7600億円を見込んでいた。しかし、設備のトラブルが相次ぎ、完成は22回延期されている。建設費は05年時点で2兆1930億円だったが、安全対策費が約7500億円増えることで約2兆9千億円に膨らむ。

 40年間の運営費や廃止にかかる費用などを含めた総事業費も12・6兆円の見通しだったが、維持管理費や人件費などが増え、13・9兆円になる見込みだ。

 六ケ所再処理工場は本格稼働に向け、原子力規制委員会による審査が終盤を迎えている。原燃は18年度前半の完成を目指すと表明しているが、それは審査が昨年度で終わった場合の想定だった。しかし、一昨年に発覚した保安規定違反をめぐって虚偽報告が発覚。審査は遅れており、新基準への適合が認められるのは早くても今秋の見込みで、完成時期も遅れる公算が大きくなっている。(姫野直行、石塚広志、東山正宜)

     ◇

 〈六ケ所再処理工場〉 原発の使用済み燃料を再処理し、再び燃料として使う核燃料サイクル政策の中核施設。燃料を切断、化学処理してプルトニウムやウランを取り出し、残りの高レベル放射性廃棄物はガラスで固めて保管する。フル稼働すると、年800トンの使用済み燃料を処理し、約4トンのプルトニウムを抽出する能力がある。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース パーマリンク