政活費返還率が過去最高3割強 支出ゼロの議員も 兵庫

政活費返還率が過去最高3割強 支出ゼロの議員も 兵庫:朝日新聞デジタルより
政活費返還率が過去最高3割強 支出ゼロの議員も 兵庫
島脇健史2017年7月3日16時20分

 兵庫県議会は3日、2016年4月~今年3月に支給された政務活動費の収支報告書を公開した。総額4億6350万円のうち1億6116万円が返還され、返還率は過去最高の34・8%になった。支給対象の県議は87人(1人は期間中に死亡)で、4人は1円も使わなかったと報告した。

 返還率は制度開始の01年度(12年度まで政務調査費)以降、13年度までは20%未満だったが、元県議=詐欺罪などで有罪確定=の不正支出が発覚。14年度は約23%、15年度は約34%となり、今回で3年連続の増加となった。

 政活費はいったん会派に支給され、各県議は領収書に基づいて精算し、月45万円を上限に会派から受け取る。支出がなかったのは会派別に維新の会2人、自民と無所属が各1人の計4人。維新県議の一人は「必要な政務活動の費用は議員報酬から捻出している」と説明した。

 全国市民オンブズマン連絡会議事務局長の新海聡弁護士は「政活費は地方議員の全員が有意義に使えるものではない、ということではないか。過去に支出があったのに、今回ゼロになった議員は理由を説明すべきだろう」と話す。

 政務活動費をめぐっては、朝日新聞社が47都道府県議会の2014年度分の返還率を調査したところ、返還率は9・3%で、徳島が34・4%で最高だった。(島脇健史)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク