神戸空港入札、オリックス陣営が180億円 運営計画30日提出 伊丹市よ伊丹空港ライナーの計画を断念しろ!

関西エアポートの経営になると神戸空港の発着便数の制限が緩和されるのは必然。伊丹空港に訪日外国人は来ない!

神戸空港入札、オリックス陣営が180億円 運営計画30日提出:日本経済新聞より
神戸空港入札、オリックス陣営が180億円 運営計画30日提出
2017/6/27 12:50

 神戸空港の運営権売却(コンセッション)を巡り、入札に唯一参加しているオリックス陣営が約180億円の運営権対価を神戸市に提案することが分かった。2017年度末に空港関連で約490億円の負債を抱える市は176億7千万円の最低価格を提示していたが、数億円の上積みにとどまる。来年春からの民営化に向け、同陣営は対価を含む運営計画を30日、市に提出する。

市の選定委による審査会が次の焦点に(神戸市中央区の神戸空港)

 発着枠の制限などがある神戸空港の民営化を巡り、市は関西国際空港・大阪国際(伊丹)空港との一体運営を重視している。計画には現行の規制下で対応できる商業施設拡充などの収益改善策も盛り込む見通しだ。市は7月に選定委員会の審査会を開く予定で、計画に対する評価が焦点になる。8月に基本協定を結び、10月には実施契約を締結する予定だ。

 運営権対価は2018~59年度の42年間にわたり市に支払う総額。これと別に毎年度の収益に応じて負担金を支払う。

 コンセッションに参加したのはオリックスと仏バンシ・エアポート、両社が大株主で関空・伊丹空港を運営する関西エアポートの3社による陣営。交渉に名乗りを挙げていた双日が2月に撤退し、一陣営のみとなったことで対価の上積みが限定的になったとみられる。

 一方、市が7月に開く審査会では「3空港一体運営に資する形態」の配点を対価より高く設定しており、関空・伊丹を運営するオリックス陣営に追い風となっている。

 市の空港関連の負債は、市債残高やターミナル施設の購入費などで2017年度末に約490億円となる見込み。オリックス陣営が運営期間中に約180億円を支払うことになれば、兵庫県の補助金や地方交付税と合わせて償還に充てる財源にするとみられる。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 近所 パーマリンク