自民吉原日出雄長崎市議、ガソリン代を過大請求 他人の領収書を「誤って」?

自民市議、ガソリン代を過大請求 政活費「誤って」:朝日新聞デジタルより
自民市議、ガソリン代を過大請求 政活費「誤って」
山野健太郎2017年6月26日12時25分

 政務活動費でガソリン代を過大に請求していたとして、吉原日出雄(ひでお)・長崎市議(59)が26日、自民党を離党し、所属する市議会会派「創生自民」も離脱する意向を示した。ガソリンスタンドにあった他人の領収書を使って約2万円分を多く請求していた。「(領収書を)誤って提出した。意図的ではなかった」と説明し、市議の辞職は考えていないと話している。

 同日午後の会派代表者会議で吉原氏が事情を説明する予定。他会派からは辞職を求める声も出ている。所属会派「創生自民」代表の吉原孝市議は「市議を辞めるのが妥当ではないかと本人には伝えている」と話した。「会派を離脱して欲しいとも伝えた」という。

 吉原日出雄氏は市議4期目。朝日新聞の取材に「党のイメージがあるので自民党は離党する」と述べる一方、「(2015年の市議選で得票した)3655人の支持がある。あと2年、長崎の発展のために頑張りたい」と語った。

 長崎市議会の15年度の政務活動費をめぐっては、市民団体「ながさき市民オンブズネット」が、約943万円分の目的外の不当・違法な支出があると指摘し、住民監査請求をしている。(山野健太郎)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク