警察官僚たちの天下り先確保の算段「事業者に元警察官僚が居ればOK!」 カジノ業者、免許更新制に

カジノ業者、免許更新制に 経営者らの犯歴や交友も調査:朝日新聞デジタルより
カジノ業者、免許更新制に 経営者らの犯歴や交友も調査
南日慶子2017年6月1日06時50分

 政府は31日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者について、免許制とする方針を明らかにした。約3年ごとの更新を検討している。事業者の財務状況とともに、経営者や家族らの犯罪歴や交友関係なども調べる。暴力団などの関与を取り除く狙いがある。

 有識者による政府のIR推進会議が31日にあり、方針を示した。

 カジノ収益の配分を受け取る事業者らも規制の対象にする。事業者の株式を5%以上保有する株主や、カジノ併設のホテルや会議場などの運営を受託する業者らについても、免許を交付するカジノ管理委員会による認可などを義務づける。

 カジノ解禁への反対論が根強い中、政府のIR推進会議は今後、従業員や本人確認の方法、依存防止のための入場規制、入場料の水準などについても検討する。今秋の臨時国会への実施法案提出に向け夏までに提言をまとめる。(南日慶子)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース パーマリンク