昭恵氏、加計学園でも「名誉園長」 職員連れて催し参加

昭恵氏、加計学園でも「名誉園長」 職員連れて催し参加:朝日新聞デジタルより
昭恵氏、加計学園でも「名誉園長」 職員連れて催し参加
2017年5月17日22時41分

 獣医学部の新設計画に関し、文部科学省が内閣府から「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする文書が明らかになった加計学園については、加計孝太郎理事長と安倍晋三首相が懇意にしているほか、妻の昭恵氏も関わりがある。

 学園によると、昭恵氏は15年6月から、学園が神戸市で運営する認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」の名誉園長を務めている。これまでの国会の質疑で、15年9月には政府職員2人を連れて施設のイベントに参加していたことも明らかになっている。

 国有地売却の経緯が問題視されている学校法人「森友学園」でも、昭恵氏は開設予定だった小学校の名誉校長に就任していた。財務省や国交省が、そうした事情を踏まえて、売却交渉などを学園側に有利になるように運んだのではないかと野党が追及している。

 野党側は国会で、森友学園と加計学園の間に「共通点がある」とし、獣医学部新設について「何らかの力が働いたのではないか」と指摘している。

 昭恵氏をめぐっては、多くの団体、イベントで名誉会長などの役職についていたことがわかっている。私的な訪問に政府職員を伴っていたことなどに批判の声が上がっている。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース パーマリンク