JALの中の人が「預かった荷物をそのままの状態で返却する」をモットーに行っている作業を現場に潜入取材してきました – GIGAZINEリンク

JALの中の人が「預かった荷物をそのままの状態で返却する」をモットーに行っている作業を現場に潜入取材してきました – GIGAZINEより
2017年02月19日 20時30分00秒
JALの中の人が「預かった荷物をそのままの状態で返却する」をモットーに行っている作業を現場に潜入取材してきました

1日に何万人もの人を乗せて日本中・世界中の空を飛び交う飛行機には、乗客が預けた多くの荷物が一緒に載せられています。実際にカウンターで預けられた荷物がどのようにして飛行機用に積み込まれ、到着した空港で降ろされることになっているのか、そんな作業の様子を羽田空港にあるJALの現場で取材することができました。

◆JALの中ではどんなことが行われているのか
取材にあたり、現場の案内と説明をしていただいた株式会社 JALグランドサービス 総務部業務グループ主任の安田 秀明さん。安田さんもかつてはカーゴをさばく業務に携わっていたことがあり、今回はご自身の体験を絡めながらどのような作業が日々行われているのかを解説してもらいました。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク