動物が寝る理由は「記憶の一部を忘れて整理するため」という研究結果が発表される – GIGAZINEリンク

動物が寝る理由は「記憶の一部を忘れて整理するため」という研究結果が発表される – GIGAZINEより
2017年02月06日 08時00分00秒
動物が寝る理由は「記憶の一部を忘れて整理するため」という研究結果が発表される

人間だけでなくこの地球上の動物は全てその生活サイクルの中に「眠る」というフェーズを持っています。なぜ動物は寝るのか、その理由はいまだに解明されていないのですが、近年の研究からは動物は睡眠によって日中の記憶の一部を忘れることで、記憶の整理を行っていることが明らかになってきています。

The Purpose of Sleep? To Forget, Scientists Say – The New York Times
https://www.nytimes.com/2017/02/02/science/sleep-memory-brain-forgetting.html

動物が寝るという行為にはこれまで、消費するエネルギーを抑えるという説や、脳内の老廃物を除去するという説、中には横になって眠る状況を作り出すことで天敵に見つからないようにするという説などが唱えられています。そんな中、長年の研究にもとづく複数の論文では、動物が眠る理由は「その日に学習したうちのいくつかを忘れるため」であることを示唆する証拠が見つかっています。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) タグ: パーマリンク