近畿最大?淡路に鉄器工房跡 弥生時代の舟木遺跡

神戸新聞NEXT|文化|近畿最大?淡路に鉄器工房跡 弥生時代の舟木遺跡より
2017/1/25 17:25神戸新聞NEXT

近畿最大?淡路に鉄器工房跡 弥生時代の舟木遺跡

 兵庫県淡路市舟木にある弥生時代の山間地集落遺跡「舟木遺跡」の発掘調査で、新たに鉄器生産工房跡と手工業品の生産工房跡などが見つかった。兵庫県と同市の両教育委員会が25日発表した。同じく同市で見つかった近畿最大の鉄器生産遺跡「五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡」(同市黒谷)を上回る規模と推定され、専門家は「弥生時代、淡路島が有力視されていたことを裏付ける発見」と話す。

 同時に出土した土器の年代から、工房があったのは2世紀後半とみられる。見つかったのは4棟の大型の竪穴建物跡。うち3棟は敷地が円形で直径が10メートルを超える大型のもので、うち1棟から4基の炉の跡が確認された。柱が外側に寄り中央部が広いことから、作業をする空間だったと想定されるという。また4棟全てから鉄器や鍛冶に使ったとみられる石器を多数発見。鉄器は計57点で、鍛冶関連のほかに針状鉄器など小型工具が出土した。

 針状鉄器は小さいものでは長さ4ミリ、幅1ミリで、愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センターの村上恭通センター長は「小型工具を使って何らかの手工業品を生産する大規模な工房群が存在する可能性がある」と指摘する。作られた物は出土していないが、木製品や皮革製品などが想定できるという。

 工房12棟と鉄器127点が見つかった五斗長垣内遺跡では、鉄鏃(てつぞく)(矢尻)などの武器類が多く出土した一方、舟木では明確に武器と認められるものは無かった。二つの集落はわずか約6キロの距離でほぼ同時期に存在していたが、生産物に違いがあることが判明。五斗長垣内が消滅した後も舟木が存続していたことも分かった。(切貫滋巨)

【舟木遺跡】 弥生時代後期~終末期(1世紀~3世紀初頭)に存在したとみられ、1966(昭和41)年に発見された。面積は推定約40万平方メートル。91年の調査で見つかった出土物が、古代の中国で製作された青銅製の中国鏡の破片であることが明らかになっていた。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 パーマリンク