トランプ氏、TPP離脱の大統領令に署名 発効不可能に

トランプ氏、TPP離脱の大統領令に署名 発効不可能に:朝日新聞デジタルより
トランプ氏、TPP離脱の大統領令に署名 発効不可能に
ワシントン=五十嵐大介2017年1月24日02時12分
 トランプ米大統領は23日、環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱する大統領令に署名した。トランプ氏は就任初日に離脱の方針を明らかにしていたが、大統領令という正式な離脱を決定したことで、日本を含む12カ国で批准を目指したTPPの発効は不可能になった。

 トランプ氏は大統領選中から、TPPなどの多国間の貿易協定について「米国の雇用を奪う。災害だ」などと批判してきた。就任初日には外交や貿易に関する6項目の主要政策を発表。そのなかで「強固で公平な協定により、貿易は我が国の成長のために活用できる」として、「その戦略はTPPからの離脱によって始まる」と離脱する方針を示していた。

 大統領令は、大統領が議会の承認や立法を経ずに直接、連邦政府や軍に発令する命令で、法律と同等の効力を持つ。

 トランプ氏は「米国第一」を掲…

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク