汚染土議事録 「差し障るなら修正」職員、会合で隠蔽発言

汚染土議事録:「差し障るなら修正」職員、会合で隠蔽発言 – 毎日新聞より
汚染土議事録
「差し障るなら修正」職員、会合で隠蔽発言

毎日新聞2017年1月5日 07時30分(最終更新 1月5日 16時43分)

 東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土の再利用を巡る非公開会合で、環境省が議論を誘導したとみられる発言を議事録から削除していたが、この会合では隠蔽(いんぺい)についてさらに直接的な発言もなされていた。「議事録は請求されれば情報公開の対象になる。障りがありそうなところはチェックのうえ修正して差し替えたい」。その後に同省が公開した議事録に黒塗り部分はなく事務取り扱い上は「全部開示」とされているが、この発言自体も記載されていない。【日野行介】

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 奴隷制官僚国家, 気になるニュース パーマリンク