京都競馬場で鳥インフルの疑い 飼育のコブハクチョウ

京都競馬場で鳥インフルの疑い 飼育のコブハクチョウ:朝日新聞デジタルより
京都競馬場で鳥インフルの疑い 飼育のコブハクチョウ
2016年12月22日19時58分
 京都市は22日、京都競馬場(同市伏見区)で、高病原性鳥インフルエンザの疑いがあるコブハクチョウ1羽が見つかったと発表した。A型鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応が出たため、動物衛生研究所(茨城県つくば市)で1週間ほどかけて確定検査を実施する。

 市によると、京都競馬場ではコース中央の池でコブハクチョウ43羽とコクチョウ3羽を飼育。20日までにコブハクチョウ6羽が死んだが、いずれも簡易検査で陰性だった。22日にさらに2羽が死に、うち1羽からA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たという。

 環境省は22日、同競馬場の周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。府と市は調査地点を増やすなどして監視を強化した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク