テスラが家庭用バッテリー「パワーウォール2」と屋根タイル一体型太陽光パネル「ソーラールーフ」発表 – GIGAZINEリンク

テスラが家庭用バッテリー「パワーウォール2」と屋根タイル一体型太陽光パネル「ソーラールーフ」発表 – GIGAZINEより
2016年10月31日 12時40分00秒
テスラが家庭用バッテリー「パワーウォール2」と屋根タイル一体型太陽光パネル「ソーラールーフ」発表

一般家庭にも普及が進みつつある太陽光発電では作った電力を安定的に「貯める」ことはほぼ不可能で、余った電力は電力会社に売るしか手段がなく、しかも売電価格は下降傾向にあります。そんな中、イーロン・マスク氏率いるテスラモーターズはリチウムイオンバッテリーとインバーターを内蔵して一般家庭に必要な電力を供給できる「パワーウォール2」と、一般家庭の屋根タイルと全く見分けがつかない太陽光発電パネル「ソーラールーフ」、そして企業や電力会社向けリチウムイオンバッテリー蓄電装置「パワーパック2」を発表しました。発電はできても貯めることが難しかった電力の問題を解消し、サスティナブル(再生可能)な太陽光エネルギーを家庭単位で安定的に実用化しそうなシステムとなっています。

パワーウォール | テスラ ホームバッテリー
https://www.tesla.com/jp/powerwall

テスラが発表した「パワーウォール2」は壁や床に設置が可能な蓄電装置で、屋外・屋内を問わず設置が可能。内部に容量14kWhのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、同社の太陽光タイル「ソーラールーフ」で発電したソーラーエネルギーの自家消費、緊急時用のバックアップ電源、負荷シフトや他の電力系統サービスアプリケーションを可能にするよう設計されています。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク