新潟県知事選 米山氏が初当選 原発再稼働反対で与党破る

新潟県知事選:米山氏が初当選 原発再稼働反対で与党破る – 毎日新聞より
新潟県知事選
米山氏が初当選 原発再稼働反対で与党破る

毎日新聞2016年10月16日 21時54分(最終更新 10月17日 01時42分)

 任期満了に伴う新潟県知事選は16日投開票され、無所属新人で医師の米山隆一氏(49)=共産、自由、社民推薦=が、前同県長岡市長、森民夫氏(67)=自民、公明推薦▽海事代理士の後藤浩昌氏(55)▽元団体職員の三村誉一氏(70)の3新人を破り、初当選した。米山氏は現状での東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対している。7月の鹿児島県知事選でも九州電力川内(せんだい)原発の一時停止を求める三反園訓(みたぞのさとし)氏が当選しており、政府の原発政策に影響を与える可能性が出てきた。投票率は53.05%(前回43.95%)。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース パーマリンク