福井県議、PTA旅費を二重受け取り 政活費でも請求

福井県議、PTA旅費を二重受け取り 政活費でも請求:朝日新聞デジタルより
福井県議、PTA旅費を二重受け取り 政活費でも請求
堀川敬部2016年10月15日15時59分
 福井県議会の大森哲男議員(62)=県会自民党=が、県私立幼稚園・認定こども園PTA連合会長として東京へ出張した際、県議会の政務活動費から旅費を受け取っていたことが分かった。連合会からも3万円の旅費を支給されており、大森氏は朝日新聞の取材に「返還するのが筋だと思う」と話している。

 大森氏によると、昨年7月に東京で開催された全日本私立幼稚園PTA連合会全国大会に県の代表として参加。昨年度の政務活動費の収支報告書では、大会への出張として交通費や宿泊費、日当計5万2990円を請求し、受け取った。

 大森氏は「県議の立場で連合会長を務めている。当日は他に陳情などの政務活動もあって宿泊した。細かいところまでチェックが行き届かなかった」と釈明。PTA連合会長に就任した2010年4月以降の旅費も調べるという。(堀川敬部)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク