「危険な行為をしてしまった」のは誰?水泳授業で飛び込み、生徒が首の骨折る

水泳授業で飛び込み、生徒が首の骨折る(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュースより
水泳授業で飛び込み、生徒が首の骨折る
TBS系(JNN) 9月27日(火)13時17分配信
 東京・江東区の高校で今年7月、水泳の授業中にプールに飛び込んだ男子生徒が首の骨を折る大けがをしていたことがわかりました。

 都の教育委員会によりますと、今年7月、江東区にある都立墨田工業高校で、水泳の授業中に高校3年の男子生徒(18)がプールに飛び込みました。その際、男子生徒はプールの底に頭を打ち、首の骨を折る重傷を負い、現在も胸から下がまひした状態です。

 指導していたのは43歳の保健体育の男性教諭で、教育委員会の事情聴取に対し、「危険な行為をしてしまった」と話しているということです。

 文部科学省は、2012年度から小中学校の授業では飛び込みを禁止していますが、高校の授業については禁止せず、段階的に指導するよう定めています。

(27日11:03)最終更新:9月27日(火)13時33分TBS News i


生徒は多分頸髄損傷。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク