神経科学:青斑核による記憶の固定化

Nature ハイライト:青斑核による記憶の固定化 | Nature | Nature Researchより
神経科学:青斑核による記憶の固定化

Nature 537, 7620
2016年9月15日

記憶の保持は、記憶符号化の直前または直後に、何か新奇な事象や範疇的に関連のあることが起こると強化され得る。これを「フラッシュバルブ記憶」という。従来、この現象には、腹側被蓋野由来のドーパミンに基盤を置く機構が関係すると考えられてきた。しかし今回、通常はノルアドレナリン性の信号とされる、青斑核から発して海馬へ向かう投射が、おそらくはドーパミンの局所放出を介してこの新奇事象による記憶強化効果を駆動することが示唆された。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) タグ: パーマリンク