もんじゅ、冷凍機が停止トラブル 予備に切り替え

もんじゅ、冷凍機が停止トラブル 予備に切り替え:朝日新聞デジタルより
もんじゅ、冷凍機が停止トラブル 予備に切り替え
2016年8月4日23時12分
 高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)で3日未明、原子炉補助建物内の冷凍機が自動停止するトラブルがあったことが4日、わかった。日本原子力研究開発機構によると、予備の冷凍機に切り替えたため、影響はなかったという。

 自動停止した冷凍機は原子炉の冷却材のナトリウムを循環させるポンプのモーターなどを冷やしている。3日午前0時50分ごろ、火災報知機が鳴ったため運転員が確認すると、冷凍機から白煙が上がっていた。午前2時半ごろ、再び異常を知らせる警報が出て、冷凍機が自動停止したという。

 原子力機構から報告を受けた原子力規制委員会は、原因を報告するよう求めた。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース タグ: パーマリンク