中京テレビが番組配信専用サイト 今秋、在名民放で初

中京テレビが番組配信専用サイト 今秋、在名民放で初:朝日新聞デジタルより
中京テレビが番組配信専用サイト 今秋、在名民放で初
大隈悠2016年7月5日01時28分
 中京テレビ放送は4日、自社制作番組をインターネットで配信する専用のサイトを今秋に設けると発表した。こうした専用サイトは名古屋の民放では初めて。いずれは広告も付け、収益源に育てたい考えだ。

 小松伸生社長はこの日の記者会見で「若者のテレビ離れは顕著だが、見逃し視聴もある」と指摘。すでに放送した情報番組やバラエティーを配信し、スマートフォンやタブレット端末で見てもらう。

 ネット配信専用の番組も検討していく。小松氏は「おもしろがる人だけに見てもらうアプローチも広がる」と述べた。

 ネット配信をめぐっては、4月にテレビ朝日とIT大手のサイバーエージェントがスマホ向けの「アベマTV」を設立。昨秋には、米動画配信大手ネットフリックスが日本市場に参入しており、競争が激化している。(大隈悠)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: NHKは解体すべき, 気になるニュース パーマリンク