大麻成分、脳に影響あるのは当然 神経回路の枝刈る? マウス実験

「悪影響」と評するのは偏見だ。
大麻成分、脳に悪影響 神経回路の枝刈る? マウス実験:朝日新聞デジタルより
大麻成分、脳に悪影響 神経回路の枝刈る? マウス実験
合田禄2016年6月30日12時16分
 大麻の成分をマウスに与えると、脳神経の回路に異常が起きることを、大阪大の木村文隆准教授(神経科学)らのチームが確認した。大麻の成分が脳に悪影響を与える仕組みを明らかにしたのは世界で初めてという。30日、米神経科学学会誌に発表した。

 大麻は合法化されている国もあるが、記憶や認知に悪影響があるという研究もある。ただ、大麻に含まれる「カンナビノイド」に似た化学物質は動物の体内にもあり、神経にどう関わっているのかは不明だった。

 木村さんらはまず、マウスの赤ちゃんに少量のカンナビノイドを注射。大脳皮質を調べると、神経回路の先端部の密度が低くなっていた。次に、カンナビノイドを認識するたんぱく質を生まれつき作れないマウスを調べたところ、神経回路の先端部が、通常の範囲をはみ出して広がっていた。

 これらの結果から、カンナビノイドは、木の枝のような神経回路から、不要な枝を刈り取る「はさみ」のような働きをしていることが分かった。木村さんは「大麻を使うと、体内の様々な場所で同じようなことが起こっている可能性がある」と指摘する。

 大麻などの薬物に詳しい国立精神・神経医療研究センターの舩田正彦室長は「若年層の大麻使用は良くないというこれまでの経験的な報告を裏付ける科学的なデータ。危険ドラッグにも似た成分が含まれていて、乱用の危険性を示している」と話している。(合田禄)

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク