脳トレーニングによる能力アップは「プラシーボ効果」によって生みだされていたことが証明される – GIGAZINEより

脳トレーニングによる能力アップは「プラシーボ効果」によって生みだされていたことが証明される – GIGAZINEより
2016年06月21日 22時04分00秒
脳トレーニングによる能力アップは「プラシーボ効果」によって生みだされていたことが証明される

By Neil Conway

脳の機能を高める効果があるとして「脳トレーニング」系の訓練プログラムが関心を集めていますが、その効果をうたう根拠の多くがプラシーボ効果によるバイアスがかかったものであることを明らかにする研究結果が発表されました。

Billion-dollar brain training industry a sham—nothing but placebo, study suggests | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2016/06/billion-dollar-brain-training-industry-a-sham-nothing-but-placebo-study-suggests/

学力の向上や仕事の能力アップ、さらには加齢による脳機能の低下を補うことを目的に、脳を鍛えて認知力を高めるとする、いわゆる「脳トレ」系のコンテンツが大人を中心に人気を集めており、アメリカでは「Lumosity」や「Cogmed」、「NeuroNation」などの大手脳トレーニングプログラムがサービスを提供してきました。しかし、その効果については懐疑的な見方が常に存在しており、実際には脳の機能は向上しておらず、単なるプラシーボ効果、つまりは気のせいであるとする指摘が相次いでいました。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) パーマリンク