神経科学:脅威への反応を選択する脳の回路

Nature ハイライト:脅威への反応を選択する脳の回路 | Nature | Nature Researchより
神経科学:脅威への反応を選択する脳の回路

Nature 534, 7606
2016年6月9日

脅威を感じたマウスは、能動的に逃走するか受動的に「不動化する(すくむ)」か、という2つの主な防御法のいずれかを選ぶ。今回A Lüthiたちは、光遺伝学的手法、電気生理学的手法、神経解剖学の追跡法を組み合わせて、これらの異なる戦略の制御の基盤にある神経回路を明らかにした。扁桃体から中脳水道周囲灰白質に至る経路は、すくみ反応を促すばかりでなく、逃走反応を促す回路とも相互作用していた。すくみ反応は、魚類・齧歯類・霊長類など多くの種で進化的に保存された行動である。ヒトでは、この「生存回路」の調節障害が、不安関連障害に関連するとされてきた。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) パーマリンク