伊丹の不思議 「増加が予想される国内外から伊丹市を訪れる人」?

伊丹空港利用者に媚び諂う(こびへつらう)伊丹市。
伊丹市総合交通計画(素案)~概要版~平成27年12月(PDF)より
『1.計画の目的
 伊丹市では、伊丹市総合計画で掲げる「みんなの夢 まちの魅力 ともにつくる 伊丹」の将来像実現のために、“市民が主体となったまちづくりの実現”を基本目標とし、伊丹市都市計画マスタープラン 2011 においても“パートナーシップによるまちづくりの推進”による「環境が大切にされ暮らしやすさと調和したまち」を都市づくりの目標としています。交通基盤整備においても、これまでの行政が中心となって進めてきた需要に対応した整備から、市民ひとりひとりが主体となって考え、多様なニーズに対応した質の高い整備が求められています。
 また、これからの人口減少・高齢化の進展や、健康や環境問題への意識の高まり、伊丹市の特徴である利用者の多い自転車や路線バスの望ましい利用のあり方、増加が予想される国内外から伊丹市を訪れる人など、様々な課題に対応したこれからの伊丹市にふさわしい交通体系をめざして本計画を策定します。』

『【伊丹市来訪者への交通サービス提供の考え方】
伊丹空港を利用する国内外の人々が伊丹市に立ち寄ることができるように、中心市街地のまちづくりと連携して、伊丹空港と中心市街地を結ぶ公共交通の充実(利便性の高いバス路線の整備)を行います。また、中心市街地内は徒歩だけでなくレンタサイクル等による自転車での回遊を可能とし、伊丹市各地への移動は、自転車とバスを効率よく連携させ、伊丹市内を便利で快適に巡回できる環境整備を行います。』


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 タグ: パーマリンク