超精細な天の川画像、欧州の天文台が発表 見たことのない精細な天の川

milky way
超精細な天の川画像、欧州の天文台が発表 | ナショナルジオグラフィック日本版サイトより
超精細な天の川画像、欧州の天文台が発表
見たことのない精細な天の川、画像700枚をつなぐ
2016.03.01

 息をのむほど美しいこの画像は、南半球から見える天の川だ。

 ヨーロッパ南天天文台は、ATLASGAL(APEX Telescope Large Area Survey of the Galaxy:APEX望遠鏡銀河系広域探査)プロジェクトを終えるにあたり、私たちの故郷である天の川銀河(=銀河系)の新たな眺めを発表した。

 巨大な画像に写っているのは銀河系の円盤に沿った面(銀河面)の全体像。地球は銀河系の中にあるため、私たちは銀河系を内部から見るしかない。夜空に見える恒星のほとんどすべてが銀河系の中にあり、夜空を帯のように横切る天の川は、銀河系の中で恒星が特に密集している領域である。(参考記事:「天の川を見て方位を知るフンコロガシ、日中は?」)

 今回の画像には、チリのアタカマ砂漠にあるAPEX望遠鏡で行われた700回以上の観測の成果が使われた。銀河系の中心部のように新たに星々が生まれてくる領域や、ガスと塵が漂う絶対零度に近い低温の領域の様子が、これまでよりも詳細にとらえられている。

・・・

Close look at the ATLASGAL image of the plane of the Milky Way – YouTube

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) パーマリンク