駅転落事故、JR西の車掌を書類送検へ 業過致死傷容疑2011年6月14日6時46分

朝日新聞より
駅転落事故、JR西の車掌を書類送検へ 業過致死傷容疑2011年6月14日6時46分
 神戸市垂水区のJR神戸線舞子駅で昨年12月、電車を降りた女性(当時32)がホームから転落し、発車した電車にひかれて死亡した事故で、兵庫県警は16日にも、安全確認を怠ったとして車掌(49)を業務上過失致死傷の疑いで神戸地検に書類送検する。捜査関係者への取材でわかった。

 これまでの調べに、車掌は「黒い影が見えたが、もう一度見たら何もなかったので大丈夫だと思い発車した」と話しているという。

 捜査関係者によると、車掌は昨年12月17日午後9時45分ごろ、乗降客の安全を十分に確認しないまま電車を発車させたため、ホームから転落した女性を死亡させ、助けようとした知人の女性(29)にけがを負わせた疑いがある。

asahi.com(朝日新聞社):駅転落事故、JR西の車掌を書類送検へ 業過致死傷容疑 – 社会

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク