刺青の歴史脈々 吉本ばなな「臨機応変に」

タトゥー禁止?〈3〉 刺青の歴史脈々 吉本ばなな「臨機応変に」 – withnews(ウィズニュース)より
2016年01月03日27909
タトゥー禁止?〈3〉 刺青の歴史脈々 吉本ばなな「臨機応変に」
神庭 亮介 SNS/ブログ
記事INDEX
・5千年前、すでに記録
・半数が「不快」 嫌悪の風潮
・吉本ばななさん「オリンピック考え臨機応変な判断を」
 タトゥーの彫り師らに対する、医師法違反を理由にした取り締まりが広がっています。連載第3回となる今回は、摘発強化の背景にある「刺青と規制」の歴史、そこから見える将来への課題について考えます。東京五輪では、様々な文化を持った外国人が訪れます。自らもタトゥーを彫っているという作家の吉本ばななさんは「臨機応変の判断を」と呼びかけています。

5千年前、すでに記録

 刺青の風習は、一体いつから始まったのでしょうか。山本芳美著『イレズミの世界』などの文献によると、少なくとも5千年前の時点で人類が刺青を入れていたことが確認されており、中国の史書『魏志倭人伝』には、弥生時代の日本の男性が刺青を入れていたと記録されています。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 パーマリンク