同性婚に「賛成」51% 研究チームが初の全国調査

人権問題をアンケートで評価するな!!
御用学者集団:国立社会保障・人口問題研究所

同性婚に「賛成」51% 研究チームが初の全国調査:朝日新聞デジタルより
同性婚に「賛成」51% 研究チームが初の全国調査
見市紀世子2015年11月28日19時40分
 性的マイノリティー(少数者)に関する専門家の研究チームの意識調査で、同性同士の結婚を法で認める「同性婚」に賛成する人が全体の5割を超えた。男性より女性の方が賛成の割合が多く、高い年代ほど反対が多くなる傾向となった。28日、都内で開かれた報告会で発表された。

 研究チームは国立社会保障・人口問題研究所(社人研)や大学の研究者ら9人で構成。3月に全国の20~70代の2600人にアンケートして、1259人(48・4%)から回答を得た。

 同性婚への賛否では、「賛成」「やや賛成」を合わせて51%、「やや」も含めた「反対」は41%だった。賛成派は男性が45%で、女性が57%。年代別では、20代と30代は7割を超えたが、60代では38%、70代では24%と少なくなる。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース タグ: パーマリンク