血液対策に関する各国比較 季刊・社会保障研究Vol.33No.2 より


表1 血液対策に関する各国比較

自給状況
日本

輸血用血液製剤:完全自給
血漿分画製剤(原料血漿を含む):自給が目標。1995年における自給率は、アルブミン製剤24%、グロブリン製剤40%。

季刊・社会保障研究Vol.33No.2「ボランティアと市場、政府の関係-血液事業を例として」より

論文の内容は「献血は素晴らしい」というゴマすりで読むに値しない。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 売血制度を復活させよう パーマリンク