ツタヤ図書館、混迷の小牧 「反対多数」で計画凍結

ツタヤ図書館、混迷の小牧 「反対多数」で計画凍結:朝日新聞デジタルより
ツタヤ図書館、混迷の小牧 「反対多数」で計画凍結
松下和彦、柴田菜々子2015年10月15日17時11分
 「ツタヤ図書館」に住民投票で反対の民意が示された愛知県小牧市。市は計画を凍結して「問題点を検証する」(山下史守朗〈しずお〉市長)としており、開館が遅れるのは必至だ。15日には臨時の市議会が始まり、図書館の問題も取り上げられる。先行きはみえない。

 「議会にどうアプローチしていくか、まだ決まっていません」。市新図書館建設推進室の担当者は「出だしが重要なので」と慎重に進める考えを強調する。

 レンタル大手「ツタヤ」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と連携した図書館計画。4日の住民投票での「反対多数」を受け、山下市長は「市民の代表による協議体やアンケート」を例示し、問題点を検証する考えだ。だが、具体案は示していない。同室は「市側から議会に案を示すかどうかも含めて検討中」とする。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 福祉のまちづくり タグ: パーマリンク