国内最古の鏡鋳型、福岡で出土 多鈕鏡は朝鮮半島や中国東北地方で造られた青銅鏡

国内最古の鏡鋳型、福岡で出土 朝鮮製の定説覆す:朝日新聞デジタルより
国内最古の鏡鋳型、福岡で出土 朝鮮製の定説覆す
編集委員・中村俊介2015年5月28日09時59分
 国内最古となる弥生時代中期前半(紀元前200年ごろ)の青銅鏡の鋳型が、福岡県春日市の須玖(すぐ)タカウタ遺跡で見つかった。国内初出土の「多鈕(たちゅう)鏡」の鋳型で、市教育委員会が27日、発表した。当時の権威の象徴だった多鈕鏡はすべて朝鮮半島製とする定説を覆し、金属器文化の日本到来と同時に鏡の国内生産が始まったことを示す発見だ。

 鋳型は石製の破片で、長さ5・1センチ、幅2・5センチ、厚さ2・3センチ、重さ39グラム。朝鮮半島産とみられる滑石製で、復元すると直径15センチほどになる。鏡の裏側にある鈕(つまみ)の一部と、複数の直線や曲線が彫り込まれていた。甕棺(かめかん)墓とみられる穴から昨年出土した。

 多鈕鏡は朝鮮半島や中国東北地方で造られた青銅鏡で、複数のつまみが特徴。その一種で朝鮮半島で考案された、精密な幾何学文様のある多鈕細文鏡(紀元前4~同2世紀)は九州・山口、近畿地方などで12例確認されている。「最古の王墓」とされる吉武高木遺跡3号木棺墓(福岡市)など主に有力者の墓に副葬された。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 考古学, 騎馬民族征服王朝説 パーマリンク