逆でしょ?!-葉っぱ、薄いのになぜ丈夫? 京大が構造を解明

飛行機の翼が葉っぱの真似じゃなかったの?
葉っぱ、薄いのになぜ丈夫? 京大が構造を解明:朝日新聞デジタルより 
葉っぱ、薄いのになぜ丈夫? 京大が構造を解明
阿部彰芳
2015年2月14日09時46分
葉っぱの断面

 植物の葉っぱは薄いのになぜ丈夫なのか? その理由は、飛行機の翼などと同じ構造にあることを、京都大などのグループが確かめた。英専門誌に12日発表した。

 地上に生い茂っている植物の葉は、表皮が内部組織(葉肉)を挟み込む構造になっているが、二つの堅さの違いは不明だった。

 京大の小野田雄介助教(植物生態学)らは、葉に力を加えた際の弾力を元に表皮や葉肉の堅さを測る手法を考案。シロイヌナズナやアオキなど36種類の草木を調べたところ、どの葉も表皮より葉肉の方が柔らかいことがわかった。表皮は、アサガオなど落葉する草と比べ、ツバキなどの常緑樹が約5倍堅かった。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) パーマリンク